タブレットタイプ

おいしさをとるか健康をとるか青汁の天秤

青汁選びの最大のポイントが飲み続けられるどうかです。
なぜなら青汁を飲んで次の日にすぐ健康になれるかと言えばそうではありません。
長く飲み続けて体の中から少しずつ健康にしていくのが青汁の目指すところです。

ここで大きな問題が生じます。
そもそも青汁は緑色の野菜の汁です。
純度が高いほど、野菜の味が色濃くでます。

つまりおいしくはなくなってしまいます。
しかし純度が高い分、栄養豊富で体にいいのは間違いありません。
青汁の成分をそのままぎゅぎゅっと濃縮したサプリメントタイプなら
味を気にせず飲むことが出来るでしょう。
何かを足せば当然おいしくはなるのですが、効果は薄れます。

ですからこれらはどちらかを取るしかありません。
本気で体のことを考えるのであれば、我慢する必要があります。
味は諦めて健康志向に走る必要があります。

しかも不思議なもので、慣れてくるとクセになります。
飲まないと気がすまないところまで行く場合もあります。
また体にいいというのを分かっていれば、多少の苦さは我慢することができます。

しかし、もし子供に飲ませる、こういった場合は目的が変わります。
やはり長く続けて欲しいので、おいしさをとることで長く続けてもらうことが可能です。
これは青汁選びの永遠のテーマです。
おいしさをとるか健康をとるか、どちらかは犠牲にするしかありません。
こちらには青汁の正しい飲み方が紹介されています。
一日の摂取量もきちんと守って継続して飲み続けましょう。

このページの先頭へ