タブレットタイプ

ペットボトルに青汁を入れて持ち歩く

美容にも効き、健康にも非常に効果のある青汁ですが、一日に一杯飲むのを習慣にすることができます。
まず、チャレンジの価値があるのは朝起きて、ご飯前に青汁です。
ポイントは感覚がまだはっきりしないうちに飲むことで苦味をそこまで感じることがありません。

また味が強烈なので、目を覚ます効果もあり、抜群です。
他にも、寝る前に飲むのもいいです。
組織が生成されるのが寝ている間なので、寝る前に飲めば効果を期待できます。

また、どうしても飲みきれないという場合もあるかもしれないので、持ち歩くこともオススメです。
今は、顆粒タイプのものもできていますし、サプリメントみたいに空いた時間に飲むことができます。
更には、ゼリータイプもあるので、そういったものも気軽に持ち歩けます。

また、粉タイプの青汁を水で溶かして、ペットボトルに入れて持ち歩くことができます。
そうすれば、喉が渇いた時に飲むことができますし、一日の内に飲み切ることができるので、非常に便利です。
http://www.montenegroyellowpages.com/5.htmlで紹介されているのですが、レモン味でさっぱりした青汁もありますので、こちらは夏場にもおすすめです。

採れる栄養は変わらないので、一気に飲みきるのが苦手な人は、少しずつ飲むことができるので、そこまで圧力に感じません。
一日が終わるまでに飲みきればいいのです。
ペットボトルで持ち歩き、一日一杯飲み切れます。
http://www.aoba-shop.com/3ka.htmlにも書いてあるとおり、継続して飲まなければ効果がないので、自分に合った方法で試してみてはいかがでしょうか。

▼青汁を飲むときの注意点はこちら

正しい方法で摂らないと下痢や嘔吐で辛い思いをしてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

このページの先頭へ