タブレットタイプ

青汁で一日の野菜量を補うには

一日に食べないといけない野菜の量は決まっています。
しかしそれを毎日摂取するにはかなりの量意識的に食べないと追いつきません。
大体が、350~450gです。

そして緑黄色野菜は100~150gとなっています。
また他にも淡食野菜が必要とされます。
グラムで言うと、何とかなりそうな感じがするかもしれませんが、目安として50gは卵一個分の重さです。

野菜は重さがないので結構な量食べないといけません。
緑黄色野菜でいうと、ブロッコリーなら大きい房を大体三房頑張って食べて100gです。
これを知ると、いかに毎日決まった量野菜を摂取することが難しいかが分かります。

そこで頑張っても毎日決まった量摂取するのが難しいので、青汁でそれを補う事ができます。
青汁の場合、なんと一杯で一日に必要な栄養がきちんと採れるのです。
そのために青汁の主成分に用いられている野菜は栄養価が高い野菜が選ばれています。

例えば、ケールです。
ケールは野菜の大様と呼ばれています。
カルシウム、ビタミン、ミネラル、食物繊維からタンパク質まで含まれています。
他にも野菜が含まれているので、更なる栄養を摂取できるというわけです。
この理由により、青汁一日一杯で成人に必要な一日の野菜の量は摂取できます。

ケールと並んで三大原料と呼ばれている大麦若葉や明日葉についてはこちらhttp://www.summerlanguages.com/6.htmlで詳しく解説されています。

このページの先頭へ